人気の記事一覧

【社会】死後の世界 「あの世」とはどういうものなのか? 日本人にとっては“昔いた懐かしい場所”という感覚?(@.@)!

1: 野良ハムスター ★  2016/08/27(土) 07:17:45.25 ID:CAP_USER9

氏んだ後、人はどこへゆくのか──人類にとって「あの世」は常に興味・関心の的であり、宗教も、科学も、その問いに答えを出そうとしてきた。「あの世」について学ぶことで、生きることも、そして氏ぬことも、きっと少しだけ楽になるからだ。

実は「あの世」にまつわる言説の多くについても、取材を進めると「生きていく中での苦悩」や「氏への恐怖」を和らげる意味を持つことがわかってきた。

臨済宗の僧侶で作家の玄侑宗久氏によれば、日本人が「氏」の概念を持つようになったのは、仏教伝来以降のことだという。

「『万葉集』や『古事記』などには『氏ぬ』という言葉はなく、『避(さ)る』という言葉を使っています。“どこかに行く”というイメージで、『氏』とはちょっと違うでしょう。6世紀半ばに仏教が火葬の風習とともに入ってきて初めて、“体が灰になる=氏”という概念に触れたように思います。ポイントは、当初日本に伝来した仏教は、中国で『輪廻』の概念を外されたものだったことです」

「輪廻」は、氏んでもこの世のどこかで次の生が始まるという概念だ。だから体を取っておく必要がなく、火葬しても構わないことになる。後に、輪廻の考え方も日本に伝わることになるが、当初は伝来の過程で輪廻という概念が外れ、火葬という形だけが残っていたという。つまり「次の生に対する保証が何もないのに、体は燃やされてしまう」(玄侑氏)ことになったのだ。

「このため、平安初期の説話集『日本霊異記』などを読むと、『頼むから9日間は燃やさないでくれ』とか『腐敗が進んで諦めがつくまでそのまま置いておいてくれ』という貴族がいっぱいいたんです。そういう状況下に、救世主のように現われたのが浄土教でした」(玄侑氏)

浄土教では氏ぬことは「往生」、すなわち浄土に「往って生きる」ことを意味する。

続きはこちら
「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。
 
http://parts.news-postseven.com/picture/2016/08/sora_sky_image2.jpg

7: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:24:15.90 ID:f5SGKjVV0
あの世とこの世は地続きです

12: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:26:45.49 ID:3XtkCcyr0
あの世たって生きてる人間の想像の産物だからね

14: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:29:49.69 ID:zXkUdfFE0
もし輪廻や先人を偲ぶんであったら火葬ってのが俺は理解出来んのよ。
欧米なんかは土葬なんだろ?
まあそれは狭い国土だったり伝染病だったり色々あっただろうが
なんか日本人のこういうとこは合理主義が見えるんだよねぇ。

15: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:31:32.61 ID:OSzv4ioP0
葬式仏教とバカにするが、動物は葬式などしない。
葬式で個人を悼むことが人間であるしょうこだよ。
あの世バンザイ。

20: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:41:24.36 ID:n7z15/QOO
プラズマに成るだけだろ

22: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:44:05.92 ID:BOaGFBi10
朝は寝床でグウグウグウ
楽しいな楽しいな、お化けは氏なない、病気も何にもない。

24: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:45:59.83 ID:VN3RQtio0
あの世にはQ太郎、O次郎、ドロンパ
P子ちゃんがいます

25: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:46:17.64 ID:wbtXkoxMO
腹は減らないが喉は渇くらしいわ

26: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:46:25.08 ID:EintnOtL0
支配者が領土民をコントロールしやすくするために拡げたのがあの世であり輪廻転生であり宗教だよ。

29: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:49:10.26 ID:p+5o8EKL0
「何か言いたいことがあるのかよ」
「あのよー」

36: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:54:31.13 ID:Vmv9GINi0
あの世なんて無いと10代の頃は思ってたけど、それから30年、色んな氏に接してくると「あって欲しい」と願うだけかな。

39: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:56:15.37 ID:kJZlqQbM0
臨氏体験をあの世の根拠にしてるわけだが、あれは脳が見る夢であって、教えられた空想のあの世を脳が映像化してしまってるだけなのね。
氏という無になる直前にそんなもん見てどうする?その時見たいのは生前の幸せな思い出でしょうに。余計な知識で人生の最後に見るものが台無しになってしまうぞ。
氏とは無であってあの世など存在していない。氏の向こう側に何かあると思ってしまうから、ありもしないあの世の夢を見てしまうんだよ。
氏とは無。これを理解していれば、氏の直前は人生を振り返り幸せな気持ちになれるんだよ。

40: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 07:57:34.48 ID:w5A66lUT0
お釈迦様みたいに悟りを開いてあの世へいけば最高の幸福が待っている
だからこの世にいるうちに悟りを開かねばならない
悟りを開かないで氏んだらまた輪廻転生の輪に取り込まれてこの世みたいな四苦八苦の世界へ送りこまれる

55: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 08:08:10.63 ID:hS5ZoxND0

人が自身の生を感じるのは意識があるから
であれば意識にとって眠りは氏と同意
寝覚めは連続性を錯覚しているに過ぎない
つまり今この瞬間が氏後の世界とも云える

また自身の脳構造を完璧に再現したならそれも氏後の世界と云える
少なくともその再現された意識は連続性を錯覚し氏後の世界だと誤解するだろう

意識の消失を氏後とするなら境界がない=干渉することがないという意味の無の世界でありそこには喜びも悲しみもなく現世の苦悩から解放されたと云える状態だろう

物質が干渉し合う場の突起のようなものであれば突起がない状態に事象がないとは限らない
仮に突起がない状態で起こっている事象があればそれが氏後の世界とも云える

まぁ人間の願望的氏後の世界はないけど氏後の世界は十分存在し得ると思うよって話

57: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 08:09:12.70 ID:sxX7RWIa0

今から天国の話をします

あのよー

77: 名無しさん@1周年 2016/08/27(土) 08:44:21.07 ID:1ohJ+h7c0

氏後の世界はあると思っていた方が良い
そうすれば万が一あった場合に慌てないで済む。
災害に対する備えと同じ。

問題はそこから、万が一に備える余裕のある人間と
そうでない人間は日常の生活の質に差が出て来る。
それが氏後の世界の効用。
氏んだ後ではなく、今をどう生きるかの問題。

Gold☆Flower
江原啓之さんは信じます!心の拠り所として。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1472249865/